俺は学生時代、サイクリングに夢中になりました。

俺は学生時代、サイクリングに夢中になりました。乗っていた自転車は、ハイスピード航行・遠距離航行を対象に設計された「読み出しレーサー」と呼ばれる分類。枚数十万というはなはだ巨額小物だったのですが、デイリーバイトを通じて、必死になって利益を貯めて、購入しました。その読み出し―レーサーで関東郊外のサイクリングロードを思い切り走り抜けましたね。中心、最初ウィークか二ウィークに一括くらいのペースで、100距離くらいは歩き回りました。100距離というと、全てびっくりするのですが、読み出しレーサーは、一際足取りが出るし、労力を効率よく使うような工夫もされているので、そんなに簡単に走れてしまうんですよね。徹底的な軽量化もされているので、坂道とかもスイスイ走れてしまうのです。いつもと違う光景を確かめる新奇、風の音を切って走る特徴、世で汗をかく気持ちよさ、今でも覚えています。久しぶりにまた読み出しレーサーで走りたいな。その時は当時の仲間にも声をかけてみよう。http://www.scuole-vigezzo.com/