中学生からやっていたバドミントンを高校生もやりたいとして入部しました

俺が学生時代に釘付けになったことはむしろ部活だ。中学生からやっていたバドミントンをハイスクールもやりたいとして入部しました。先輩は少なくて断じて深くもなくて初めはいまひとつ真剣にもできなくて、けれども新人戦で優勝して、そこから引き上げるなら強くなりたいし勝ちたいと思い始めました。我らが2年生になったところ後輩に先輩も入ってきてそうして俺はチーフになりました。この頃から学習話もねちっこいものにかえて賢く生まれ変われるようにがんばりました。自身も賢く追い求めると共に頑張ってくれて楽しくて、色んな勝負に出れるようになって優勝も潤沢できて、法人戦も優勝できて、敗れることもあったけど勝てたタイミングがすごく快くて楽しくて真剣に釘付けに頑張ってました。3年生の時も法人戦は連覇もできて一番広いフェスティバルで完全8までいけたのはいまでも自慢できることです。2カテゴリー幾分部活に夢中になってて、どうしても紛争もあったりしたけどそれ以上に楽しくて続けて良かったなって思います。色々あったからこそ現在も仲良いし、最高の分隊ができて良かったです。http://drualtys.com/